トヨタ・カローラについて

トヨタが誇る大衆車、カローラの歴史は1966年にさかのぼります。
当初は2ドアセダンのみで、後に4ドアセダンとバンタイプが追加されました。
当時は最大のライバルである日産・サニーと熾烈な販売競争を繰り広げました。
1970年に2代目にモデルチェンジ。2ドアクーペが追加されました。
1974年に登場した3代目は2ドアハードトップと3ドアリフトバックが追加されました。
1979年に4代目にモデルチェンジ。1982年には派生モデルのカローラII(ハッチバック)、カローラFX(ハッチバック)が登場しました。カローラIIはその後1986年に2代目、1990年に3代目、1994年に最終モデルの4代目へと受け継がれました。
1983年に登場した5代目より前輪駆動(FF)式となりました。
その後1987年に6代目、1991年に7代目、1995年に8代目と受け継がれていきました。
1997年にはミニバンタイプのカローラスパシオが登場。
2000年に登場した9代目では、ステーションワゴンモデルは「カローラフィールダー」という名が与えられました。
翌2001年にはカローラFXの後継車となるカローラランクス(ハッチバック)が登場。
2006年に登場した10代目モデルより、セダンは「カローラアクシオ」と呼ばれるようになりました。
2007年にはカローラスパシオの事実上の後継車となるカローラルミオンが登場。
そして2012年に現行モデルの11代目にバトンタッチされました。
最近はプリウスに代表されるハイブリッド車の台頭で存在感に揺らぎが見られますが、日本を代表する大衆車としてこれからも輝き続けることでしょう。
ムーヴ 買取

三菱のコルトラリーアートバージョンRについての記事

みなさんこんにちわ。みなさんはどのような車に興味をもっていますか?私は本当に車が大の好きで本当に昔はサーキットで腕を磨きました。近くにあるセントラルサーキットや岡山国際サーキットに走りました。しかし家庭をもって結婚を気に妻も乗れる車でハッチバックの車でなおかつ維持費が普通車でも安くて1500CCまでときめていました。しかしいくらか候補に挙げていた車は本当にエンジンのパワーがいまいちだったり特に走りの面では何かと問題がありました。そこで私は三菱のコルトラリーアートバージョンRに出会いました。ハッチバックでありしかも中も広くて使いやすいので町乗りでも申し分なく、しかも本気を出せばサーキットにも行けるコンパクトハッチの車でした。エンジンはマイベックターボであり1500CCでも150馬力をこえていますので軽快な加速感をあじわえますしミッションはランサーエボでつちかわれている同じゲドラグ性であるので本当に戦闘マシンですよね。しかし妻がのっても全然おかしくなくて乗りやすいといいますし本当に最高です。坂も急な登り勾配もガンガン加速します。たまりませんよ。ぜひ皆さんも乗ってみてくださいね。お勧めはミッションの後期型です163馬力ありますからパワーも申し分ないですし純正で横浜のアドバンネオバAD08をはいていますからそのままサーキットを走れますよ。

アルファード 買取

福井で車買取りをするなら

福井で車買取りを検討している場合には、ほとんどの人が福井に店舗をおいている業者の中で見積もりを依頼しています。しかし、地域を限定して買取を行っている業者の場合、流通経路が少なくなって場合によってはあまり買取を積極的に行っていない車種に該当してしまうこともあります。こういった場合には、業者にとっても維持費がかかってしまいますので買取金額が安くなる可能性が高くなりますので、できるだけ幅広い業者から高額で買い取ってもらえそうなところを探すのがおすすめです。
車買取り業者と一口に言っても、メーカーや車のタイプなど、特に力を入れて高額買取している車は業者によって異なります。また、流通経路によっても買取金額は異なってきますので、車の保管場所周辺に限定せずに、一括見積もりサービスなどを利用して、全国の車買取り業者の中から高額で買い取ってくれそうなところを募ってみるのがよいでしょう。
一括見積もりサービスというのは、車の年式や走行距離、車種などの簡単な情報を入力することで、メールや電話などで対応可能な業者から簡単な見積もりの金額の連絡をもらえるサービスです。福井であれば全国各地から見積もりの連絡が来ますので、高く買い取ってくれる業者を探すときにも苦労しません。遠方からの出張であっても旅費は業者負担になっていますし、見積もりをしてもらって金額に納得できなければキャンセルもできますので、これまでより高く買い取ってもらえます。